死者の祭り

pleca

死者の祭りは、アグアスカリエンテスの重要な観光のひとつです。毎年、10月下旬から11月上旬にアグアスカリエンテス市は、華やかな死者の祭りを祝います。この祭りは、2014年で20周年を迎えました。現州知事であるカルロス・ロサノ・デ・ラ・トーレ氏が、経済開発省長官であった1995年に具体化され、実施されるようになりました。

この華やかな祭りは、死者の日の伝統の継続と保存が目的であり、また、国際的に知られているアグアスカリエンテス市出身の有名な版画家、イラストレーターで、後に画家ディエゴ・リベラがラ・カトリ-ナと名づける着飾った婦人の作者であるホセ・グアダルーペ・ポサーダ氏を称える祭りでもあります。ラ・カトリーナは、毎年行われる死者の祭りのキャラクターであり、メキシコの文化とメキシコにおける死と祭りの関係を表した国際的シンボルでもあります。

サンマルコス島で行われる死者の祭りをお楽しみください。不思議な魅力、美しさ、神秘をお届けします。ホセ・グアダルーペ・ポサーダの生み出したキャラクターを俳優たちが生き返らせてくれる演劇を満喫してください。

祭りの雰囲気を味わいながら、民芸品の展示会を見たり、レストランでの食事を楽しんだり、コンサートで独特のメロディーを聴いたり、心に残るテーマ毎のルートからなる観光バスで回る市内ツアーに参加するのもお勧めです。いろいろなイベントに参加し、おいしい死者の日のパンを試食し、様々な催し物があるパビリオンを訪れてください。

すばらしい、伝統的な死者の日のパレードをお見逃しなく。毎年、パレードのコンセプトは進化しています。大きな人形と山車が、市内のメイン通りであるマデロ通りをパレードします。

死者の祭りに一度訪れるだけで、あなたは、死者の日を特別な日として思い出すことのできる貴重な体験をすることになり、毎年訪れたくなること間違いなし。

音楽、演劇、文化、娯楽、伝統、演芸がアグアスカリエンテスであなたを待っています。是非、死者の祭りに来てください!

 

catrina

カトリーナ

1852年にアグアスカリエンテス市に生まれ、ホセ•グアダルーペ・ポサダは1912年に作成された金属の彫刻であります。

その作成者によって指定された元の名前は「Calavera Garbancera」であります、当時はそれがgarbanzaを販売し、人々に知られていたこ言葉でインディアン血を自分の人種、文化遺産や文化を否定し、欧州であることをふりをしました。

どうして有名なの?

メキシコ人が死亡似顔絵の持っている方法を表し、それの楽しさを作るために、歴史を通して国の多くの芸術や文化公演の対象となっています。

ディエゴ・リベラは、自分壁画に「カトリーナ」の名前を不死化をして、彼が手からとられて自分自身を置く所で、フリーダ•カーロの前で、このように、今、国際的に識別する人気キャラクターとなっております。

グラフィックと審美的な観点から、そのアウトラインを楕円、その完全な規模と表現力豊かな豊かさは、それを空前の傑作とします。

その精巧な形状や軽薄といたずら笑顔で、逆説的に切迫した死との生活の喜びを示し、私たちの人生を思い出させて、今、ここです。

どこで見れることができますか?

元の金属彫刻と一緒に写真を取ることができ、アグアスカリエンテス市のグアダルーペポサダ博物館に表示されています、多くのアーティストと他の作品と一緒に見れることができます。

またアグアスカリエンテスでは、死の国立博物館を見ることができます(2000以上の展示を主題と関連づける)セロ・デル・ムエルト(死者の山)と息をのむような日暮れの写真を撮って、アグアスカリエンテスの歴史地区伝説と4伝統近郊を見るためにツアーに参加してください。もしくは死者の日が近づく時期に遊びに来てください(祝賀、不活発な祭壇、時代パレードとフロート、コンサート、ショー、演劇、など)

cal-festival

ags-gob
Secretaría de Turismo Isla San Marcos OCV Interjet
Back to Top